有珠山/洞爺湖温泉街砂防計画模型製作日誌  

(日付けをクリックすると写真が見られます。)

2/24 建物も噴火口の煙も銘板も全部揃いました。完成です。上の写真が現況、下の写真が現況を取り外すと砂防施設の計画です。26日朝に運送会社で梱包して、航空便で現地に送ります。

28日に札幌市の道民活動センタービル「かでる27」の説明会場に展示されます。

2/17

 塗装色分けを開始

2/14

3個所の修正を終了。1番下のある砂防ダム下流の形状等。

2/13

現況に各構造物をはめ込んで高さを調整。全体を総点検した所、3ヶ所修正個所が見つかった。

2/10

現況の砂防ダム施設も出来上がった。

2/9

現況地形に各導流堤のはめ込み作業開始。思っていたよりうまくあっている。

2/8

小有珠川1号、2号、3号、4号、5号導流堤及びかぶせる為の現況形状が完成。

2/7

現況の洞爺湖温泉街地形形状がほぼ完成。

2/4

現況建物は、地形図に名称が乗っている物のみ作成。

2/3

西山川1号導流堤から3号導流堤計画部と上にかぶせる現況地形

1/25

洞爺湖温泉街の現況市街地地形図は1/1,000、砂防計画平面図は1/2,500、この2枚の平面図と各導流堤8種及び計画堰堤1種の断面図を入手。計画部は断面図と1/2,500を1/1,000に拡大した平面図を元にABS樹脂及びアクリル板で作成。その間、現況地形図に基ずく現況地形を作成。現況地形は、5m単位の等高線(コンタ)での記図なので、別作成している構造体をはめ込んだ時に果たしてうまく合うのか心配だ。

上に戻る