製作No.

9909

名称

伊勢原市 成瀬第二地区特定土地区画整理事業模型

縮尺

A.全貌イメージ模型 1/1,500(高さは1/1,000) B.断面構造のための模型 1/500  

寸法

A.全貌イメージ模型 1,750×1,200ミリ B.第二東名高架部分断面模型 1,300×600ミリ 

発注元

住宅・都市整備公団神奈川中部開発事務所

工期

120日

内容

A.、全貌イメージ模型

地形の主材料はABS樹脂板で作成してある。再開発計画部分は、地盤の色を用途区分の凡例に従って色分けしてある。

現況の建物は全戸作成、固定してあるが、計画区域内の建物は、バラで持参、状況に応じて配置できるようにした。


B.、第二東名高架部断面模型

全体を3分割にして左右と中央部の4断面が見えるように、中央部を引き出せる。

鉄塔の電線と高架道路の関係を見るため固定されている、その為手前に滑らせて引き出す構造にした。

高架下の計画が未確定のため、高架も取り外せる。

国道246号線の沿線を含め、建築物は適当な規模で作成してあるが、すべて固定しない。

適宜、配置を換えておけるようにしてある。

 


  事業プラン目次へ   ページ先頭へ