製作No.

8303・0103

名称

富士山大沢崩壊地源頭部模型

縮尺

1,1/1,000 

寸法

1,1,000×3,000ミリ、高さ約2,000ミリ  

発注元

建設省富士砂防工事事務所

工期

90日

内容

標高2,000m以上を4m単位の精度で作成した。材質は、FRP樹脂で型どりしてある。表面に土砂や水を流す。彩色は空中写真を参考に樹脂に色を混ぜて筆塗りした。崩壊地の表面に白く見えるのは、石膏製のダムである。地形の下は傾斜のあるスチールを組んであり、樹脂製の地形を乗せて固定してある。模型の下部にはキャスターを付け、専用プレハブより引っぱり出して使用する。模型の後部にドアを付け、工具備品を収納できるようにしてある。

 

 

さらに詳しい写真をごらんになりたい方はこちらをご覧ください。

富士山大沢崩壊地源頭部/実験用及び展示用模型

表紙にもどる     地形目次へ    ページ先頭へ