製作No.

9807

名称

飯豊山系玉川砂防林事業計画模型

縮尺

1/750

寸法

5,000×900ミリ  

発注元

(建)北陸地建 飯豊山系砂防工事事務所

工期

12日

内容

平常時は緑色で流れている玉川が洪水時には川幅広く、濁流となって下流に流れ込む。模型では、川部分が上流から下流に順次赤く変化していく。

砂防施設の導流堤・水制工・護岸工・スーパー暗渠砂防ダム等の構造物は、下部から照明を当て、表面が赤く光る。更に砂防林の樹木がその場所の流れの状況が変わると20ミリぴょこんと飛び出る事によって目を引くようになっている。これらの動作は、タッチパネル式の操作盤によって制御されている。

屋外展示が多いため、展示台の材質はステンレスで、アクリルカバーにも特徴を出してある。

同時作成のディスプレーは「LED電飾点描紙芝居」で砂防施設の説明を15パタン、自動で表示している。非常に明るさがあるので一目を引きつける。

地形目次へ  ページ先頭へ    次のページ