製作No.

9411

名称

倉敷ダム水没地域復元地形模型

縮尺

1/500

寸法

3,000×2,000ミリ  2分割

発注元

沖縄開発局北部ダム建設事務所

工期

70日(模型製作のみ)

内容

昭和15年頃までの村を復元した珍しい地形模型となった。周辺の現況部の仕上げは航空写真も参照したかったが、現在ダムは基地に掛かっている場所柄、航空写真は入手困難。模型作成前に旧村の住民に聞き取り調査をして、大まかな地形図を復元した。住居位置、植栽も同様に調査した。

地形材料は発泡スチレンに表面FRP樹脂塗布。家屋の屋根は赤瓦と草葺きで吹き抜け式の風通しのいい特徴を再現した。むき出しの畑等には、沖縄独特の現地の赤土(オレンジ)を使用した。各家の周辺に植え込んだ庭の樹木もその通り再現した為、製作前の日数はかなり掛かった。製作中間にも現地の詳しい人に確認してもらいながら模型を完成させた。

アクリルカバー付き模型台。

地形目次へ    ページ先頭へ     次のページ