5,救命艇揚降装置模型 

救命ボートの自重により水面に降下させることが出来るグラビティー型のボートダビット(ボートを上げ下げする小起重機)の機構を模型化。 手動により動きをコントロールできる金属製の模型。 内寸法 550×450ミリ  全体寸法 635×535×500ミリ

撮影日 2004年2月20日

右下の手動ハンドルを回すと救命艇がゆっくり下降します。揚降の切り替えはレバーによって行います。可動機構そのものはほとんど本物と同じです。

表紙にもどる      TOP

1,船首構造模型 2,船尾構造模型 3,船体中央構造模型 4,電動油圧操舵模型 5,救命艇揚降装置模型 6,アンカー模型 7,チェーンストッパー模型 8,電動テレモータ模型