模型製作工程写真-5(展示現場の浄水場)

10月12日

片道約700キロ、9時間をかけて現場に到着、温泉で元気回復、翌日朝より設置。設置場所は、浄水場の中で展示フロアーの下は水、水、水。湿気で展示台や可動装置がいつまで持つか大変心配です。夏の天窓から差し込む太陽光も展示物にとっては天敵です。

これほどの悪条件の中に模型やパネルを展示するのは大変珍しいことです。

展示台のスチール製柱に4面8ミリの透明アクリルをはめ込んである。

 

表紙にもどる    トップにもどる    模型の仕様    工程写真